気ままに文学を

一般の小説や同人誌の作品の感想を述べていきます。

06<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>08

プロフィール

sanzo-iwaki

Author:sanzo-iwaki
メリー・ホプキン〔英〕は今でも聴きます。
毎週更新!が目標。今後の予定。カズオイシグロ、村上春樹、水村美苗、群系各評論。


最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

野村甚三郎『国境とは何か:領土・制度・アイデンティティ』芙蓉書房出版

『国境とは何か:領土・制度・アイデンティティ』
【評者】大堀敏靖(世相評論家)
 国家とは何か、国境とは何か。この問はわが国おいては、
日常の中で発せられることはまずない。「平和」を謳歌し
ている戦後の日本では殊にそうだった。他国人との交流
はあってもひたすら友好の旗に下に限定されたもので、
北朝鮮による拉致被害者家族、国境の漁民などごく一部
例外的な人々のみが「国家」を日常レベルで意識するしか
なかったであろう。ややもすれば、世界中が日本のごとく
に平和で安穏な日々を送っているものと錯覚してしまう。
 しかし、世界一九四ヶ国中そんな呑気な国の方が例外
で、宗教、言語、アイデンティティ、国境等をめぐる紛
争につぐ紛争に明け暮れているのが、世界の実態である
ことが、本書を読めば思い知らされる。殊にアフリカの
スーダンでは、コンゴ周辺五ヶ国を巻き込んだ一九九八
年からの紛争でも三百万もの犠牲者が出ていると知って
唖然とする。ニューヨークのテロで死者六千人とアメリ
カは騒いでいるが、ケタが違う。二百万、三百万の人間
が、「想像の共同体」のために生命を失っている。心の
中に描かれた「共同体」のために生命を賭けて戦うのが
人間である。それほどの価値を待ったものが国家であ
る。村でも町でもない。イデオロギーでもない。「イコ
ール自分」と言い切れる生命の外延、それが国家である。
 本書中には日本という最も身近な国家についての考察
はあえてなされていないが、諸外国の国家形成や現状を
見ていく中で必然的に浮き上がってくるのが、自国日本
のことである。四面海に囲まれ、ほぼ単一民族、単一言
語、しかも一文明を形成してきた日本という国の僥倖を
考えざるを得ない。わが国にも流血の歴史はあった。し
かし、西欧諸国の比ではない。おそらく日本の国家形態
は他国人には垂誕の的なのだろう。皮肉なことに当の日
本人は空気のようにそれに気づかないが。
 「国家とはアイデンティティの『器』であり、国境と
はその外壁である」と著者は定義する。第三章のアイ
デンティティに関する深い考察は本書の圧巻であろう。
国家を究明しようとすることは必然、人間存在の本質に
関わってくる。おそらくその解答は、言葉を尽くしても
永遠に完全なものは得られないだろう。殊に意識の薄い
われわれ日本人には、「国家」という生の本質に関わる
高度な概念を少し深く考えてみようとする時、本書が絶
好の入門書となるのは請合いである。  (大堀敏靖)
(『群系』第20号、2007年、所収)
スポンサーサイト

「かもめのジョナサン」完成版

かもめのジョナサンが新たなメッセージを携えて40年ぶりに帰ってきた。
若い頃は何十回も読んだ。映画も観に行った。
美しい航空映像とともに、ニール・ダイアモンドの主題歌もよかった。
訳者・五木寛之が、前回は否定的だったが今回はどうコメントしているのか興味がある。

かもめのジョナサン完成版かもめのジョナサン完成版
(2014/06/30)
リチャード・バック

商品詳細を見る

連城三紀彦・追悼

直木賞作家・連城三紀彦が10月19日に亡くなった。まだ65歳だ。「恋文」は作り話っぽかったけれど、「私の叔父さん」は良かった。傑作だと思います。以前の文庫のタイトルは「恋文」だけだったけれど、最近のは「私の叔父さん」も付いています。

恋文・私の叔父さん (新潮文庫)恋文・私の叔父さん (新潮文庫)
(2012/01/30)
連城 三紀彦

商品詳細を見る

永野悟「戦争と文学」『群系』第27号

●永野悟「戦争と文学-文化的視点からの概観-」『群系』第27号掲載。
 永野悟さん(『群系』主宰)は昔からの知り合いです。かつて仕事の上で大いにお世話になりました。通信上のやりとりは続いていましたが、昨年末、十何年かぶりで再会しました。お世話になった人なので、面白い批評があったらココで感想を述べていきたいと思っています。

『群系』誌はわりと分厚い。よって新しい号が送られてきても関心の持てそうないくつかの作品しか読まない。27号の永野さんの評論も読んでいなどころか、気付いてもいなかった。それで、読んでみるとかなり興味深いことを書いている。
 戦争は「文化」であるとするクレフェルト『戦争文化論』なる書があるとは知らなかった。確かにそうした観方は一考に値すると思う。
「戦争を、人間の文化とする見方は新鮮で、それは単に人々の憎しみから起こる忌避すべき事態、という従来の見方による袋小路から解放する」
 うーん、そうかもしれない。
 戦争論を論ずるとなれば、歴史上の何世紀かに渡る長いタイムスパンで見ていかないとその本質には迫れない。そうしたところを的を射て言及していった点は感心する。論題の「概観」の名にふさわしいだろう。また、クラウゼヴィッツ『戦争論』、カール・シュミット「友敵論」、ベネディクト・アンダーソン『想像の共同体』など、軍事論・政治論の古典的著書に言及していることは、筆者永野さんの関心の広さを知らされた。
 テーマは戦争と文学の関連なのだが、日本近代の戦争に関わる文学作品をよく調べている。
「戦争を人間文化の一典型とみるならば、華々しい虚飾の場面と酷薄な人間疎外の極みとを、両面ともども受け止めていかねばならない」
 これは結びの部分だが、考えさせられるものはある。
「特集」を概観する内容の批評なのだから巻頭あたりに持ってきてもよかったのでは、と私は思った。

永野悟「戦争と文学」
『群系』第27号

赤坂真理 『東京プリズン』

 赤坂真理の作品で読んだのは『ヴァイブレータ』『ミューズ』『彼が彼女の女だった頃』だったが、性をテーマとする作家だと思ってきた。しかし、この『東京プリズン』には驚かされた。この人にこれだけのストーリーを書く力があるとは思いもよらなかった。
『東京プリズン』は敗戦、天皇、憲法を初めて文学にした小説だと思う。かつ戦後日本にたいして痛烈な問題提起をしている。
「読み終わった時、戦後史について、日本という国の精神誌について、新しい像が生まれていることに気づく」(池澤夏樹)、「これは世界文学である。今すぐ各国語に翻訳して欲しい」(いとうせいこう)、「これこそが文学の仕事だろう」(石原千秋)、「文学史上きわめて重要な問題作だ」(田中和生)、「この気宇壮大な力作に、私は感動した」(松浦寿輝)、以上は帯の言葉だが、私は全部肯定したい。
「゛天皇は、国とピープルの統合の象徴であり、彼の地位の派生してくる源は、主権を持つピープルであって、他のいかなる源でもない゛
 頭の中で翻訳が確定する。驚く。
 これって、まんまじゃん! 私たちの憲法、まんまじゃん! いや、私たちの国の憲法が、ほとんどこのまんまじゃん! 文末が少し違うだけだ。」(292頁)
 マリのこの驚きこそ真っ当な気持ちと言えないだろうか。

『東京プリズン』は真理は2012年の第66回毎日出版文化賞、第16回司馬遼太郎賞を受賞している。

東京プリズン東京プリズン
(2012/07/06)
赤坂 真理

商品詳細を見る

 | ホーム |  »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。