気ままに文学を

一般の小説や同人誌の作品の感想を述べていきます。

03<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>05

プロフィール

sanzo-iwaki

Author:sanzo-iwaki
メリー・ホプキン〔英〕は今でも聴きます。
毎週更新!が目標。今後の予定。カズオイシグロ、村上春樹、水村美苗、群系各評論。


最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大堀敏靖「大東亜戦争と日本人╶╴文学者の日記から」『群系』28号

 かつてのあの戦争を、今回の大震災と重ねて論じた好エッセイだと思います。従来「大東亜戦争」擁護の論というと高村光太郎や三好達治ぐらいしか援用されず、あの有名詩人たちがあれほどの怒りを米国に感じていたのだから、いかに日本が追い込まれていたか分かるという論法に留まっていました。しかし筆者・大堀さんは、ドナルド・キーンに採り上げられた、高見順、野口米次郎、伊藤整、横光利一、山田風太郎らの日記を示すことで当時の日本人の戦争に対する心情を重層的に論じています。その論調は冷静でもあります。たとえばこういうところでしょう。
「「愚かな侵略戦争を戦いアメリカに民主化された軍国日本」という教育を受けてきた戦後生まれの私には、開戦時の作家たちの高揚した日記には「本心だろうか」と疑う気持ちが未だにぬぐえないものがある」
「このように敵意むきだしである。平和教育を受けて、話し合いで世界平和を、と教えられてきた私たちには、「そこまで言うか」である」
 ドナルド・キーンの言葉にも興味深いものがあります。
「「源氏物語」のような繊細で美しい文学を生み出す日本人がなぜ大陸や海洋に飛び出してあのような大規模な戦争を起こしたのかということだろう」
 こういう部分は考えさせられるものがあります。
 筆者の評論展開は多角的で従来にはない斬新なものがあり、  そういう点で好エッセイというべきでしょう。
 現在の中国がいかに「民度」が低いかということもわかりました。
 戦争をめぐる議論として厄介なのはそうした中国や、韓国です。19世紀後半、両地域は国民国家というにはほど遠く、当時の列強の力関係に翻弄されざるを得なかった。ナショナリズムが芽ばえてきたのはそれ以降のことです。侵略だと言って日本のことが許せないのは、昔は東アジアの先進国だったという歴史上のプライドからくるものでしょう。日本はこれについてどう相手をしていったらいいんでしょうね。
 最後に、アメリカは「太平洋戦争」とは言っていないそうです。「第二次世界大戦の太平洋戦線」と言っているんだそうです。また現在の日本の歴史研究者の間には「太平洋戦争」という言い方はやめ、「アジア太平洋戦争」と言おうという動きがあるそうです。しかし山室建徳という人はそれも太平洋戦争の亜流の言い方であるから、包括的にはやはり大東亜戦争がよいだろうと言っています。

【おすすめリンク】
マイルがどんどんたまる「JALカード」


●[楽天カード]お得なキャンペーン実施中


森のコーヒーお試しセット♪


今、クチコミで話題の「極上のコーヒー」をご紹介します。


奇跡の青バラ専門店

スポンサーサイト

COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://iwakisanzo.blog.fc2.com/tb.php/11-98d854e3

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。